スポンサーサイト

  • 2013.11.25 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


風たちぬ 感想

JUGEMテーマ:映画
 
朝一で投票してから実家に子供預けて観にいった


素直に思ったとおりの感想は一言では「つかみ所がなくて本当に風みたいな映画だった」

面白いとか面白くないとかそういうのは当てはまらないというか
二時間あったけどあっというまに終わってしまった
映像は美しかった 途中でだれるところもなかった
ただ最初に飲み物を飲んじゃったのでトイレが持つか焦ったけど

理解が出来るか出来ないかで感想が分かれる映画かもしれない

専門的な飛行機の設計とか時代背景とかの知識じゃなく
ある程度人生経験がないと登場人物の気持ちとか厚みとか行動とか
わからないかな

最後にすべてが夢のように終わってしまって何も残らないのが悲しいんだけど
生きるってそういうことなのかなあ

男性には生きるってそういうことでいいのかもしれない
それは女性としては共感しづらいけど
そうなのかなあと思いました

菜穂子というキャラクターが無かったらもっと全然違うことを
色々描かないと映画にはならないだろうというところを
全部隠して美しい映画になったなと思った
そういった意味ではすごくファンタジーな映画だったと思う

恋人の抱擁シーンがすごく愛しさにあふれていて
宮崎駿の画力ってやっぱりすごいなあと思った
ほかの人が描いたらあんなシーンにならないものなあ

んでまた観にいきたいと思ったんだけど
二歳の子をまた預けるのは悪いし

でももう一度みたい映画です

相棒 xーday見ました

JUGEMテーマ:映画
 
面白かったです

今までの相棒の映画とは一線を隔してました

以下ネタバレあり



Xーdayが日本の国債の暴落の日をさしている訳です
日本の国民の持ってる紙幣が紙くずに変わる日です

いずれはやってくるその日に警鐘を鳴らす映画でした

悪役の金融省庁のお偉いさんが言う日本国民への侮蔑

希望ある嘘にとびつき
いつもと変わらぬ明日が来るのを当然のように信じている
つい最近裏切られたにもかかわらず
もうそれを忘れて…云々

ここがこの映画の伝えたいこと

その中で企業や警察組織の中でまじめにあくせくして働く人々の姿が
たくさん描かれています

イタミ刑事の走って犯人を追い詰めるシーンは刑事物って感じで良かったです
現実と格闘している人間を表現してるんだと思いました

とても重い内容で少し理解がしにくく
せりふ等が聴きたくない言葉や見たくない現実を喚起させるので
スカッとはしませんが

こういう映画私は好きです

公開時期が少し遅れた感じがするのもなんかあったのかな〜と
あらぬ勘繰りを入れてみたくなる映画でした

あとドラマの相棒の中のキャラクターのそれぞれの分を越さずにうまく使い分けて物語を作ってるのも良いなあと思いました イタミ刑事はイタミ刑事のままでちゃんと映画の中で活躍できていました!

日常

JUGEMテーマ:育児
 
この間イオン行く車中で見た看板

ひとみ歯科

女医 〇〇ひとみ

TEL ××× イイヒトミ (語呂合わせ)


すごいひとみ押しだと思った
これでひとみ先生が美女でなかったらなんかだまされた感があると思ったが
看板の古び方からいってひとみ先生の歳も結構アレかなとも思った


今日息子(一歳八ヶ月)を風呂に入れていて
今まで浴槽の腰かけの上に立ち上がると着水していたタマタマが

二センチぐらい湯船の上にあるのを見て

成長を感じました
脚が伸びたのが特にうれしいことです
タンソク気味だから…

厚顔の人たち

JUGEMテーマ:育児
 
今日はだんなの実家にお泊りで行って、昼はやることもないので室内遊技場がある公共の施設に行くことにした

前にも行ったけど小さなホールに古くて汚いマットやらブロックやらプラスチックのお家やらがあって公営の施設だしまあこんなもんかなあという程度だったけど、うちで暇をもてあましていたし行ってみた

そしたら

ずいぶん大きな小学5年生くらいと下は2年生かなあという姉妹とその両親がホールにバスケットボールを持ち込んで遊んでいた

最初は角の一角を使ってやっていたが、一歳児をつれた私たちが入ってきてしばらくしたら全部を使ってホール中を走り回って遊びだした

親子でボールの取り合いをしておおはしゃぎでドリブルしながら走り回った

ずいぶん長い間やっていた

そのうち親が息切れしだして休憩して
子供がもう一回やろうといっていたけど疲れたからといってその人たちは出て行った

ひどいもんだなあと思った

子供がはしゃぎまわって危ないのは仕方ないと思う
別に幼児専用のホールでもないから

でも幼児専用でもないけど幼児だって遊ぶホールなのだ

何で一歳の子が入ってきたのにわざわざその後に親が率先してそんな危ない遊びをしだすのか

バスケットボールを投げ合って走り回って、私たちが避難していた部屋の真ん中にある幼児向けのスペースまで走りこんできた

親が

本当にひどいもんだなあと思った


セオリー

JUGEMテーマ:育児
 
育児にセオリー無し

今までこうだったからこうすればこうなるはずという予測はよく裏切られる

今日はあまり昼寝してないから
よく遊んだから
夜は早く寝るだろうと思ったら寝なかった

最近は夕方六時くらいに風呂に入って七時までには寝ていたし

しかし寝ない 

いったん寝たと思ったのに起きて歩いてお父さんのとこまでいった

仕方ないから後で食べようと思っていた自分たちの夕飯を食べようと
準備しだしたらとたんにおろおろしだして

布団にいって少し転がってみたりしていた

「もういいよ寝ないんでしょ」と言ったら泣き出した

かわいいなあと思った

空気読むというか気が小さいんだろうか

それとも私が怖いのかなあ…


指しゃぶりというか

JUGEMテーマ:育児
 
すこし料理とかでどうしても相手できずに待たせると

キーキー怒ったり泣いたりするのだけどそれでも待たせると
自分で自分ののどの奥に指を突っ込んで

吐く

それならと

おんぶしてみたら

背中で吐いた


いろいろ洗濯する羽目になった

結局そのつど手を止めて相手するか片手で抱きながら料理するしかないのかなあ

重いけど


水遊び

JUGEMテーマ:育児

今年の夏はプールを買おうと思っていたけど結局やめた

あまり小さいのを買ってもすぐ使えなくなるし
目隠しを考えないと庭では人目が気になるし

近所に市営のプールあるし

でもそういうプールはまだ病気とか気になるので今年はなし

んで毎日風呂で遊んでいる
お湯も出るし人目も気にしないでいいし
片付けもないからとても楽でいい

来年はでもどうしようかな

もっと広い庭があればいいんだけど

 

ごはん

JUGEMテーマ:育児
 
うちの子は男の子で第一子なせいか食が細い

というかごはんにあまり興味がないみたい


目の前でお菓子食べててもあまり欲しがらないし
食卓を囲んでいてもきょとんとしてた

一歳になるまではそれでもすこしずつは食べてくれてたんだけど
一歳過ぎて病気きっかけでまったく食べなくなった
薬混ぜたものを食べさせたのと
好き嫌いの意思が出てきたのと両方だったのか

食べてくれないと食事時が憂鬱になる

いまはそれでも少しは食べるようになったけれど
もりもり何でも食べてはくれない

そういうことがいちいちすごく心配で気分が落ち込みそうになる

育児の大変さのひとつだと思う




暑い

JUGEMテーマ:育児

今日も暑い日でした

赤ちゃん抱っこして授乳はもっと暑い
赤ちゃんて何であんなに汗かくのか
代謝がすごくいいんだと思うけど


うちの子はもうすぐ一歳三ヶ月なので赤ちゃんではないのだけども
抱っこ赤ちゃんだったので生まれたときからずうーーーっと抱っこ抱っこの日々でした
そしてそれは今も変わりません


寝ても下に下ろすと目を覚ますのでずっと抱っこしっぱなしで育ててきました
今はもう10キロ越えてるので激重たい 手しびれます

でも慣れた
人間て慣れるんだなあ

生まれてしばらくは抱っこつらくて何も出来ないのも困って早く何とかなって欲しいってそればかり考えてたなあ

まあ今でも早く一人で寝るようにはなって欲しいけど

いまは夜だけは布団で一時間くらいは一人で寝てくれるようになった

うれしい

 

おおかみこどもの雨と雪

JUGEMテーマ:映画


ネタバレしてますよ





一年半ぶりくらいに映画館で映画を見た

楽しかった

子供をうちの親に預かってもらってありがたかった

映画は面白かった

映画はやっぱりいいな〜映画館もいいなあ

映画の内容としてはとても良いのだけど何か引っかかるというか物足りないような認めたくないような気がしたのはやっぱり

自分が子供を最近生んだもので

父親不在で年子を二人誰の手助けもなしに育てるなんて無理!!
とか
十歳で子供手放すのも絶対に無理!!

とか思っちゃったからかなあ

農業自給自足の畑耕すのがとても大変な苦労のように描かれていたけど、確かに大変だろうけど、育児はもっともっともっともっと大変なんだよ!!!って思ってしまうからかなあ

大体年子の二人目自宅出産直後に二人の子供かかえて雨の中町に夫を探しに出てだね、夫の水死体がゴミ収集車に放り込まれるとこに遭遇なんてあんた 無理!!!

無理でしょ 夫に対して「何死んでんだよ!!!」って怒りが沸くよふつう

夢の中のお花畑で「ごめんネ 子供をよろしくう〜」なんていわれたら
いいからとりあえず殴らせろだよね
絶対絶対


母だからってどんだけタフに生きていかなきゃいけないのよ

なんかが足りないと思ったのは、こう書いてみると 母親のはなのリアリティ?かな?

いや、、、なんか違うかな

子供が主人公なのか母親のはなが主人公なのか、どちらの視点で描かれているのかがわからなかったところが、こう、、、理想論みたいに感じさせるのかもしれないなあ


子供は自立できるように育ててそのときがきたら潔く手放すのが親の理想だとは思うけど、わかるけどね でもね 説得力に欠けるのは 共感の不足か


でもまあロマンチックで素敵な映画だとは思いました
映画だからこれはこれでいいんだと思います

 

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
プーペ
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
ねずみ男の冒険
ねずみ男の冒険 (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
水木シゲル著 ちくま文庫
自分の人生が不安でしょうがなくなったとき、自分の才能の無さや、性格や、不運やその他諸々が嫌でたまらなくなったときに読む漫画。ねずみ男のセリフはせせこましく生きる私の胸を打つ。そしてその身を挺して人生というものを教えてくれる。決して上から眺めるだけの教えではなく、俗塵にまみれた破戒僧のようだ。「この世にこれが価値だと声を大にして云うほどのものが在ろうか、すべてまやかしじゃないか!」
そうだ、生きるってのは今日ご飯が美味しいとか、夜布団の上で安らかに寝られるとか、それだけでいいのかもしれない。それ以上の幸せって別に無いのかもと、思う。人参吊り下げられた馬にならないように・・・そう思う。
recommend
蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)
蟲師 (1) アフタヌーンKC (255) (JUGEMレビュー »)
漆原 友紀
何より世界設定が良いのです。江戸が永遠に続いている感じか、明治と大正の間にもう一個時代がある感じ、という。
日本人の精神の故郷のような作品だと思います。自然と共存し、その中で様々な業苦や理不尽な厄災に出会いながらも、それを受け入れ生きていこうとする、一見貧しいようで、豊かな精神を持つ人々のお話。そこには人と人との共同体があり、愛とかではなく、情があります。そしてそこからはみ出してしまう特殊な能力のあるギンコという青年を中心に物語が物語られるのです。
白と黒の画面から緑の湿度と温度、草息れさえ感じられましょう。ベタ塗りのコマの中に我々の血のルーツを垣間見せます。
すばらしい!!これからもゆっくり物語をつむぎ続けて頂きたい。
recommend
あしたのジョー (16)
あしたのジョー (16) (JUGEMレビュー »)
高森 朝雄, ちば てつや
「あしたのジョー」
言わずもがなの名作
数々の名場面、名キャラ、泪橋なんてぐっとくる。丹下ダンペイのダメさ加減とか、力石の狂気じみた絶食シーンとか、カーロスの落ちぶれっぷりとか、鼻からうどんでもカワイコちゃんと結婚とか、人生人生〜
所で私が不覚にも漫画喫茶で大粒の涙を落としそうになったページは・・・力石を殺してしまって対戦相手の顔面を打てなくなって落ちぶれたジョーが、ドサ廻りの拳闘団に入り、そこの興行先の宿にて夜半にふと見つめた物干し台。

泣いた!!(いやマジで)

たったひとコマの台詞も何もないこのワンシーンに、ジョーの、いや人生の悲しさ、わびしさ、やるせなさが凝縮されております。目頭が熱くなるのを禁じえませんでした。
漫画表現の可能性に無限性を感じましたっ!!
所でジョーって童貞でしょうか?(失言)
recommend
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 (JUGEMレビュー »)

買って観なおした。
思ってた以上に暗く重苦しい世界観。でも、公開当時はそんなこと思わなかったから、当時の時代性がこんなに暗かったんだと思った。
この先には新しいものは何も生まれない、という行き詰まり感。希望のない未来。
単純に世紀末破滅願望?
今観ると「そんな深刻にならんでも」と思う。
でも、当時<情報の海から生まれた生命体:神>との融合によって閉塞感を一気に突き破るラストには、救われた気持ちになったりした。
心が駆け上がっていく感じ。
そう思うと前半の閉塞感は必然ですか。
横スクロールじゃなくて縦スクロールの映画。
1995頃の空気をつくった作品のひとつ。
recommend
ゼルダの伝説 時のオカリナ
ゼルダの伝説 時のオカリナ (JUGEMレビュー »)

これをクリアし終わったとき、午前2時。自分の人生について、猛省。
心にぽっかりと空いた穴を抱えて身悶えした。
素晴らしいRPGは、その世界を閉じた瞬間に、「ゲームなんかやってんじゃねえ」とゲーマーを主時間世界へ突き落とす。
ああ、この感動は何も無いとこから生まれて、何も無いとこに還される。私は一体何をやっていたんだろう?
素晴らしいゲームはクリア後にそういった虚無感や喪失感を伴うものだ。ゼルダ最高!!
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM