スポンサーサイト

  • 2013.11.25 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今期アニメ

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
まあ見てますが今期で一番好きなのは「戦う司書」かな〜

秋アニメでは化物語とか絶望先生とかシャフトが目立っていた
面白かった

「けいおん」は…見ていて腹が立つことが多くてなんでだかはよくわからなかったけど
ムカッと来るアニメだった

なんだろ、京アニ怒ってんのか?


えっと〜今期今期は〜「ささめきこと」がすごい変で「ここまで来たか〜」って感じ

百合ブームの昨今ですが完全に「BLの文法」で描かれた百合
あれを全部男キャラに変えたらすごいオーソドックスなBLものになるのになあ

しかしあれを見て思うのは「こんな女いねえ」だし「主人公女だけどメンタルが完全に男」っていうね
きっとBL見てる男の人はこういうむずがゆい気持ちになるんだなあと思いました

っていうかああいうBLアニメでやればいいのに


あと「りりかるなのはエース」は面白いなあと思いました〜



今期アニメ

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


勝手に総括

えっとまず「のらみみ」はかなり面白かった。演出光ってたと思う。どったり君とか個人的にかなり好き。声優さんも各キャラにはまっていた。ハズレがなかった。

あと「俗・絶望先生」もテンポ良くて良かったな。アニメ化にあたってオリジナル要素の追加をするのは良い事だと思う。失敗することもあるとおもうけど、そういう姿勢は大切だ!絶望ファイト。もっと変えちゃってもいいと思うけどどうだろう?

それから「クラナド」もいいアニメだった。(まだ最終回みてないけど)ゲーム原作の萌え系ハーレムアニメって途中でストーリーが破堤したり、キャラ人気でEND決めたりとか、どうしようもなくダルイ内容だったりしてあんまりアニメとしてみれるのが少ないけど、これは納得いく終わり方してくれそう。各女の子のストーリーの配分もいいんじゃないかな。主人公のキャラクターが割りとしっかり立っていてちゃんと一人を選ぶのも良かったなと。

ん〜と…そんなもんかな

あ、「GUNSLINGER GIRL」の二期はなんでこんな風にしちゃったんだろ?って思った。ライトなノリにしたかったんだろうか?でも一期のほうがやっぱり好きだな。ピノッキオの話を中心にするんだったらもっと徹底してテロリスト側の話で創ってしまえばよかったのに。

そんで、もし深夜アニメを一本企画していいって言われたら、諸星大二郎の短編オムニバスとか見たいと思う。「不安の立像」とか「僕とフリオと校庭で」とか最近の童話のも入れたりして幅のあるチョイスで。
あと純文学のアニメ化とか。これも短編で2話構成とかで違う話をやる。長いと難しそうだから。江戸川乱歩もいいなあ〜ってわごちゃんに言ったら「芋虫とか?」っていわれた。う〜ん「芋虫」は深夜でも無理っぽいのでは…あ!でも乱歩を萌え絵でやったらかなりシュールかつカオスで面白そうかも。

こってこての萌え絵で80年代末期位の枚数の少ないアニメで「パノラマ島奇談」

超上級者向け






な、なんだって〜!?

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


やっとかめ探偵団が打ち切りだと?!うそだっ!!

しかしTV欄には「わんわんせれぷーそれ行け徹之進(再)」の字が…

エプソン!!この意気地なしぃ〜〜〜日曜の朝の楽しみが一個無くなっちゃったじゃないか!!スポンサー!!誰かスポンサーを〜〜〜お願い…DVDになる見込みも薄いし…この先の話が作ってあるなら是非見たいんですよ〜

放送再開して〜〜


やっとかめ探偵団は面白いよ

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


世の中は、クリスマスだーとか年の瀬だーとか浮き足立っていますが

そんなの関係ねえ!! オーシャンパシフィックピィーーーース

今朝の「やっとかめ探偵団」面白かったねえ、素晴らしい出来のお話だったよ。朝の4時から起きて待ってた甲斐があったがね。「いじめ」なんてテーマで薄っぺらくならず、上滑りもしていないお話なんてそうないよ。いやーやっぱ主人公のおばあちゃん達の言う事にいちいち含蓄があるよね、やっぱ亀の甲より年の功だわね。

うんうん

エプソン一社提供愛知岐阜三重限定アニメだけど全国区にしても遜色ないと思うんだけどなあ。はっきりいってさー個人的な意見だけどもその前にやってる番組よりやっぱ見ちゃうもん。シナリオがちゃんとしてるから引き込まれるんさな。「気持ち」が丁寧に描いてあって「台詞」が予定調和じゃないから感心する。

ゆっくりした展開でもテンポさえ良ければちゃんとあきさせないで見せられるんだなあ、メモメモ。


アンパンマンはキミか

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


アンパンマンって最初は5〜6頭身くらいあった。知ってる?アンパンマンのお話レコードB面はチリンの鈴だった。これに出てくるアンパンマンの絵は巨大な頭部と長い黒いマントで身体を覆っており、のっそりとドア口に立つ巨大な姿が正直薄気味悪い。ジャムおじさんが夜な夜なお星様に祈りながらこねたパン生地からアンパンマンは生まれ、腹ペコの人を救うため旅立つのであった。無人島に漂着した飢えた人にその頭部を与え、あまつさえ首無しでその人を背負って飛行し、救うのだった。

そもそも最初のテーマは「自己犠牲による愛の遂行」だったのだ。

アニメは顔が濡れたり汚れたりしてピンチになり、バイキンマンという敵役を懲らしめるお話になってるが。しかし、顔を取り替えてしまえばノーダメージということはやはり顔が本体で身体なんか飾りなんだろう。偉い人にはそれがわからんのです。

そう、顔。やっぱり丸いという所が人気の秘密だろう。そしてなんというかとても漠然とした世界設定がいい。最近じゃチーズは二足歩行がデフォになってるんだよなあ。そのうちしゃべらんかな。チーズ進化論。そういやバタ子さんは確かオムスビマンと淡い恋の話があったよね、オムスビと…。まあ、ヤギが先生でカバが生徒だし…人間でてこないからな。人間どころか機関車とかもう何でも意思をもって動く世界ですから。カオス。

そういう縛りの一切無いところがいいんだろうな〜チャラチャチャ〜〜ン♪


今期のアニメ

そろそろみんな最終回ですが…諸事情により最終回が放送されないアニメがありましたねえ。祭りになってましたが、私は第一話から見てたんで放送されないのは残念でしたが、確かに趣味のいいアニメではなかったので仕方ないかなあと思いました。

絶望先生のOPが苦情があって変わったという噂もありましたが、大槻ケンヂファンとしても残念でしたが、あのOPをちゅうやさん宅で幼稚園児のお子さんと見たときに「あっ何か見せちゃいけない気がする…気まずい」と自分自身が思ったことも確かなので、これもまた仕方ないことなのかもしれません。

深夜アニメでも最近は子供も見るんだよな〜やっぱ考慮は必要かなあ、子供は訳わからないで影響受けることも確かにあるからな〜

んで個人的に、今期は「黒の契約者」「大江戸ロケット」が良かったと思いました。次点「おお振り」「グレンラガン」、「物の怪」もまあ斬新だったかな。

「グレンラガン」はキャラデザとか世界設定とかすごく良かったのに、あれでせめて3クール位にしてもう少しグダグダした敵を倒す繰り返し展開とか個々のキャラのエピソードとかやってくれたらなあ。ちょっとそういうお楽しみの部分が少なすぎたな〜残念だな〜〜〜そうしたらキャラの「死」ももっと感情移入できたのになあ〜と思いました、個人的に。富野作品でなら富野サンの積み上げた過去の作品からのオーバーラップもあるし、富野セリフでピンと来ることも出来るが…過去の色々なアニメのオマージュではそれに代わることは出来ないと思うんだよね、とか思いました。

あのキャラたちの戦いやら生活やらが十分に描かれて愛着が沸いたころにそれが終わっていく方が良かったなあ。それくらい好いキャラデザだったからな〜〜〜そうしたらもっと子供も見られるものになったんじゃないかなあ。残念だ。

とか思ってたけど先週のヴィラルの夢にはやられたのは確か
yume





不謹慎

ほたるの墓は何度見ても泣ける…昔映画館で「となりのトトロ」と同時上映であり、当時は映画館が完全入れ替えとかでもなく、どちらからでも観れるという上映方式になっており、先に「トトロ」を観てしまったがために家族全員とんでもない悲壮感に包まれて帰ってきた夏の思い出…

前に弟と「パチンコになって欲しくないアニメ癸院廚範辰靴燭里鮖廚そ个靴拭

CRほたるの墓

節子 ドロップリーチ「ドロップドロップ〜」
清太 鉄棒大車輪リーチ「兄ちゃんうまいで!」
背景予告 塹壕
大当たり確定演出が 節子ドロ団子「オカラたいたのあげましょうね…食べへんのん…」

「にいちゃん…おおきに…」

とか考えただけで鬱になってきます




ごめんなさい冗談です怒らないで下さい




ダイターン3 とか

借りていたDVDBoxの「ダイターン3」全40話を見終わりました。

びっくりした 

その一言に尽きる。ロボットアニメとして、敵も各話のシナリオもバリエーションに富んでいて面白かったんだが、最終話「万丈暁に消ゆ」は衝撃的でした。なにがって何の説明も無く終わるから。

良く見るとかなり伏線が張ってあるんで後で色々考えてあれはああだったのかなあ、とか思うんだが。かなりのネタばれなので書かないで置こうと思う。しかしあのラストで無国籍で何でもありで、ともするとグダグダになりかけてしまう物語がびしっと締って、見終わった余韻が残った。見終わった後に総てのレギュラーキャラがとんでもなく真面目にバカやっていたんだなあと、その大人の生き様にクラクラした。

雨の中去っていくギャリソンは…寂しかったけど…でも見終わって寂しくなるっていい物語だと思う。

やっぱり波乱万丈はかっこいいっ!!陽気な二枚目半の裏側に悲壮感が見え隠れする、そしてそれがやらしくない、すごくいいキャラクターだった。





あと、わごちゃんから「キングゲイナー」「絶望先生」「拝み屋横丁」「盗賊の水さし」(今市子)「チキタ・グーグー」などを借りて読んでいます。

絶望先生はアニメ化ってネタかと思ったら本当だった…


明日のために

見終わった。わごちゃんから借りてたBS明日のジョースペシャルのビデオ。

燃え尽きた…

ジョーは19歳で真っ白に燃え尽きたんだなあ、生き急いでいるなあ。劇場版ジョー2でとても悲しい気持ちになった。というか泣いた。そのあと何故かTV版の8話が入っていてなんでだと思ったが、ちょっと救われた気持ちになった。

今回TVシリーズの明日のジョーは初めてちゃんと見たんだけど、原作をきちんと追いながらそれだけではないアニメの良さがプラスされていて、とてもいいアニメ作品だと思った。漫画原作をただ再現するのではアニメにする意味はあまり無いと私は思っているのだが、このアニメは意味があった。

そして、やっぱりセルアニメはいい!!質感が違う!!!風合いがね、もう、こうなんともいえない味わいがあるよね。手間がかかる分人の情念が乗り移るのかな。作る側はすごい大変なんだろうけど… あとジョーの眼の表現がすごいと思ってたら、作る側も相当意識して苦労して作画してたという話だった。アニメのキャラの顔そのものでとても微妙な気持ちの揺らぎや場の空気を表現しうるんだ、現に昔にやれていたんだなあと感動した。アニメや漫画の絵は記号でしかないけど、うまくやれば生身の役者が演技するよりももっと純度の高い「感覚」を見る人の心に喚起できるのだ、私はアニメのそういうところがものすごく好きなんだ!と改めておもった。

あとアニメ夜話スペシャルで島本和彦さんがすごくいいこと言ってた。最終日の生放送で松村邦弘さんもいいこと言いかけてた。言葉に出来ない大切なものが人生にはあるんだと、明日のジョーをみるとそれがわかるんだ。頭で解るんじゃなくて、わかるんだよ!!

ジョーは熱い!

j

超ぞくっと来たジョーの蔑みの眼の演技

r

力石!力石!!×××の星って何!?

明日の!

きのーうはぐれーた狼が〜 今日はマッツトォで血をな〜がし

ぅあしっつたを〜〜〜めざしぃて立ちあ〜がる〜〜

「立て!  立て!立て!!立つんだジョーーーー」

子守唄は〜リングゥにゃ〜無い〜ぜ〜

っ立たなきゃ〜 きのうに〜逆も〜どり〜    


わごちゃんに貸してもらってBSアニメ夜話のビデオ見てる訳ですが!!熱い!!熱いぜえええええ!!古いアニメなのに絵にすごい斬新さを感じる!色とか線とかすごくストレートにスッキリ見える!!ストーリーもシンプルなのに力強いっ!

そしてジョーが溜まらん色っぺえ〜〜〜うっは〜

j

丹下のおっつあんも濃い!!濃すぎるぜ
トレンチコートを引き裂いて 両の腕で掻き合せ うずくまって

ジョ〜〜〜〜〜〜!ワシのジョ〜〜〜〜〜〜〜ッ!!!と来たもんだ

danpei

そして力石はカッコイイな〜惜しむらくは葉子に惚れてたとこだな〜眉間の寄せ方とか目のつぶり方とかいちいちカッコイイ本当に!!痩せる前はこんなに男前だったんだなっ

riki

ああ〜面白い本当に本当に面白い!!!!見ててわくわくする!
まだ「明日のためにその2(ビデオタイトル)」までしか見てないけどはやく続き見たいよ〜(放送上の都合で台詞がブツブツ切れてるのが非常に残念だなっ!!)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
プーペ
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
ねずみ男の冒険
ねずみ男の冒険 (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
水木シゲル著 ちくま文庫
自分の人生が不安でしょうがなくなったとき、自分の才能の無さや、性格や、不運やその他諸々が嫌でたまらなくなったときに読む漫画。ねずみ男のセリフはせせこましく生きる私の胸を打つ。そしてその身を挺して人生というものを教えてくれる。決して上から眺めるだけの教えではなく、俗塵にまみれた破戒僧のようだ。「この世にこれが価値だと声を大にして云うほどのものが在ろうか、すべてまやかしじゃないか!」
そうだ、生きるってのは今日ご飯が美味しいとか、夜布団の上で安らかに寝られるとか、それだけでいいのかもしれない。それ以上の幸せって別に無いのかもと、思う。人参吊り下げられた馬にならないように・・・そう思う。
recommend
蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)
蟲師 (1) アフタヌーンKC (255) (JUGEMレビュー »)
漆原 友紀
何より世界設定が良いのです。江戸が永遠に続いている感じか、明治と大正の間にもう一個時代がある感じ、という。
日本人の精神の故郷のような作品だと思います。自然と共存し、その中で様々な業苦や理不尽な厄災に出会いながらも、それを受け入れ生きていこうとする、一見貧しいようで、豊かな精神を持つ人々のお話。そこには人と人との共同体があり、愛とかではなく、情があります。そしてそこからはみ出してしまう特殊な能力のあるギンコという青年を中心に物語が物語られるのです。
白と黒の画面から緑の湿度と温度、草息れさえ感じられましょう。ベタ塗りのコマの中に我々の血のルーツを垣間見せます。
すばらしい!!これからもゆっくり物語をつむぎ続けて頂きたい。
recommend
あしたのジョー (16)
あしたのジョー (16) (JUGEMレビュー »)
高森 朝雄, ちば てつや
「あしたのジョー」
言わずもがなの名作
数々の名場面、名キャラ、泪橋なんてぐっとくる。丹下ダンペイのダメさ加減とか、力石の狂気じみた絶食シーンとか、カーロスの落ちぶれっぷりとか、鼻からうどんでもカワイコちゃんと結婚とか、人生人生〜
所で私が不覚にも漫画喫茶で大粒の涙を落としそうになったページは・・・力石を殺してしまって対戦相手の顔面を打てなくなって落ちぶれたジョーが、ドサ廻りの拳闘団に入り、そこの興行先の宿にて夜半にふと見つめた物干し台。

泣いた!!(いやマジで)

たったひとコマの台詞も何もないこのワンシーンに、ジョーの、いや人生の悲しさ、わびしさ、やるせなさが凝縮されております。目頭が熱くなるのを禁じえませんでした。
漫画表現の可能性に無限性を感じましたっ!!
所でジョーって童貞でしょうか?(失言)
recommend
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 (JUGEMレビュー »)

買って観なおした。
思ってた以上に暗く重苦しい世界観。でも、公開当時はそんなこと思わなかったから、当時の時代性がこんなに暗かったんだと思った。
この先には新しいものは何も生まれない、という行き詰まり感。希望のない未来。
単純に世紀末破滅願望?
今観ると「そんな深刻にならんでも」と思う。
でも、当時<情報の海から生まれた生命体:神>との融合によって閉塞感を一気に突き破るラストには、救われた気持ちになったりした。
心が駆け上がっていく感じ。
そう思うと前半の閉塞感は必然ですか。
横スクロールじゃなくて縦スクロールの映画。
1995頃の空気をつくった作品のひとつ。
recommend
ゼルダの伝説 時のオカリナ
ゼルダの伝説 時のオカリナ (JUGEMレビュー »)

これをクリアし終わったとき、午前2時。自分の人生について、猛省。
心にぽっかりと空いた穴を抱えて身悶えした。
素晴らしいRPGは、その世界を閉じた瞬間に、「ゲームなんかやってんじゃねえ」とゲーマーを主時間世界へ突き落とす。
ああ、この感動は何も無いとこから生まれて、何も無いとこに還される。私は一体何をやっていたんだろう?
素晴らしいゲームはクリア後にそういった虚無感や喪失感を伴うものだ。ゼルダ最高!!
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM