スポンサーサイト

  • 2013.11.25 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


風たちぬ 感想

JUGEMテーマ:映画
 
朝一で投票してから実家に子供預けて観にいった


素直に思ったとおりの感想は一言では「つかみ所がなくて本当に風みたいな映画だった」

面白いとか面白くないとかそういうのは当てはまらないというか
二時間あったけどあっというまに終わってしまった
映像は美しかった 途中でだれるところもなかった
ただ最初に飲み物を飲んじゃったのでトイレが持つか焦ったけど

理解が出来るか出来ないかで感想が分かれる映画かもしれない

専門的な飛行機の設計とか時代背景とかの知識じゃなく
ある程度人生経験がないと登場人物の気持ちとか厚みとか行動とか
わからないかな

最後にすべてが夢のように終わってしまって何も残らないのが悲しいんだけど
生きるってそういうことなのかなあ

男性には生きるってそういうことでいいのかもしれない
それは女性としては共感しづらいけど
そうなのかなあと思いました

菜穂子というキャラクターが無かったらもっと全然違うことを
色々描かないと映画にはならないだろうというところを
全部隠して美しい映画になったなと思った
そういった意味ではすごくファンタジーな映画だったと思う

恋人の抱擁シーンがすごく愛しさにあふれていて
宮崎駿の画力ってやっぱりすごいなあと思った
ほかの人が描いたらあんなシーンにならないものなあ

んでまた観にいきたいと思ったんだけど
二歳の子をまた預けるのは悪いし

でももう一度みたい映画です

相棒 xーday見ました

JUGEMテーマ:映画
 
面白かったです

今までの相棒の映画とは一線を隔してました

以下ネタバレあり



Xーdayが日本の国債の暴落の日をさしている訳です
日本の国民の持ってる紙幣が紙くずに変わる日です

いずれはやってくるその日に警鐘を鳴らす映画でした

悪役の金融省庁のお偉いさんが言う日本国民への侮蔑

希望ある嘘にとびつき
いつもと変わらぬ明日が来るのを当然のように信じている
つい最近裏切られたにもかかわらず
もうそれを忘れて…云々

ここがこの映画の伝えたいこと

その中で企業や警察組織の中でまじめにあくせくして働く人々の姿が
たくさん描かれています

イタミ刑事の走って犯人を追い詰めるシーンは刑事物って感じで良かったです
現実と格闘している人間を表現してるんだと思いました

とても重い内容で少し理解がしにくく
せりふ等が聴きたくない言葉や見たくない現実を喚起させるので
スカッとはしませんが

こういう映画私は好きです

公開時期が少し遅れた感じがするのもなんかあったのかな〜と
あらぬ勘繰りを入れてみたくなる映画でした

あとドラマの相棒の中のキャラクターのそれぞれの分を越さずにうまく使い分けて物語を作ってるのも良いなあと思いました イタミ刑事はイタミ刑事のままでちゃんと映画の中で活躍できていました!

おおかみこどもの雨と雪

JUGEMテーマ:映画


ネタバレしてますよ





一年半ぶりくらいに映画館で映画を見た

楽しかった

子供をうちの親に預かってもらってありがたかった

映画は面白かった

映画はやっぱりいいな〜映画館もいいなあ

映画の内容としてはとても良いのだけど何か引っかかるというか物足りないような認めたくないような気がしたのはやっぱり

自分が子供を最近生んだもので

父親不在で年子を二人誰の手助けもなしに育てるなんて無理!!
とか
十歳で子供手放すのも絶対に無理!!

とか思っちゃったからかなあ

農業自給自足の畑耕すのがとても大変な苦労のように描かれていたけど、確かに大変だろうけど、育児はもっともっともっともっと大変なんだよ!!!って思ってしまうからかなあ

大体年子の二人目自宅出産直後に二人の子供かかえて雨の中町に夫を探しに出てだね、夫の水死体がゴミ収集車に放り込まれるとこに遭遇なんてあんた 無理!!!

無理でしょ 夫に対して「何死んでんだよ!!!」って怒りが沸くよふつう

夢の中のお花畑で「ごめんネ 子供をよろしくう〜」なんていわれたら
いいからとりあえず殴らせろだよね
絶対絶対


母だからってどんだけタフに生きていかなきゃいけないのよ

なんかが足りないと思ったのは、こう書いてみると 母親のはなのリアリティ?かな?

いや、、、なんか違うかな

子供が主人公なのか母親のはなが主人公なのか、どちらの視点で描かれているのかがわからなかったところが、こう、、、理想論みたいに感じさせるのかもしれないなあ


子供は自立できるように育ててそのときがきたら潔く手放すのが親の理想だとは思うけど、わかるけどね でもね 説得力に欠けるのは 共感の不足か


でもまあロマンチックで素敵な映画だとは思いました
映画だからこれはこれでいいんだと思います

 

映画を観てきました

JUGEMテーマ:映画
 
鷹の爪ザ・ムービー3

3本目ともなるとさすがにネタ切れなんじゃないかと思ったら
まさしくネタ切れ気味でした

しかし感動したのだ

本編は最後の奇蹟の歌声スーザン・ボイルとレオナルド博士のコラボレーションの前フリであったのだ。ながいくだらない前フリに耐えたとき初めてあのコラボが心に響くのだ。対極に輝くプロメテウスの宮殿が!!

感動の変換式は一筋縄ではいかないね!

でもやっぱりキャピタリズム見ればよかったかなあってちょっと思った



あと全然関係ないけど聞いた話「暮らしのミニ情報」


昨今は会社でもデパートでもウォッシュレットのトイレが多いみたいだけど、操作部分が壁に掛けてあるリモコン式のものが最近では主流らしいです。
しかしここには大きな落とし穴があって、リモコンは電池式なのだそうです。

電池式

お尻を洗っている最中にこのリモコンが電池切れを起こしたらどうしたらいいか

水が止まらない。さりとて便座からお尻をあげたらどうなるか…


そんな時はあわてず騒がずウォッシュレットのコンセントを抜けば水は止まるそうです。

弟に聞いたお話なんだけど
弟の会社で実際にリモコンの電池切れが起こったらしくてそれいらい対処法が壁に貼ってあるんだって。
最初に犠牲になった人はやっぱり誰かに助けを求めたんでしょうか?

恥ずかしかっただろうね…




映画を見に

JUGEMテーマ:映画
 
行ってきた

ワンピース 「ストロングワールド」

売れているという

興行成績がすごいらしい

ふつうだった

しかし多くの人がふつうに面白いと思えるものを作るというのも大切なことでしょう
そしてそういうのも狙ってやれることでもないのですごいことだと思う



見に来ていた人は意外とカップルが多く、子供づれの親子とか少なかった
もうみんな見終わったせいかな?

上映中ギャーギャー騒ぎまくっていた子供が終わってから
「アー面白かった」って言ってて

うそつけと思った
(映画館で子供が騒ぐのは別に良いと思います)


子供のときにはぐうの音も出ないトラウマになるくらいの映画を見ておけばいいと思う



あとネタばれ


ナミが残した最後のセリフはラストの締めに使うにはちょっと変だった
作者的にナミがヒロインでナミとルフィの最初の交流としての
「助けて」というセリフを使ったのかもしれないけど

シキがそれを聞いて「いい別れの挨拶だ」とかゆっちゃってんだし変だよ

「信じてる」

とかのほうがしっくり来る気がしたけどな〜











サマーウォーズ

JUGEMテーマ:映画

みてきました!素直に面白かったと思いました!

以下ネタばれするかもしれないので注意です









土曜日のレイトショーだったのですが結構人は来てました

細田守監督の今作はちゃんと映画らしい解りやすい娯楽作として成立していてとっても満足でした

特に際立って感情移入するような登場人物はいないのだけど
大家族ものとあってたくさん出てくる人々のキャラクターがそれぞれ立っていてきちんと設定されているのが判って好感が持てました 「このキャラの気持ち解らない」と感じることが無かったのも良かったです

あと声優さんもベテランの声優さんを要所要所に配置してあってメリハリが付けてあったのが成功していると思いました アニメの声優さんを外すのもいいけどただ単にそれをトレンドでやってるのは私は好きじゃないです 必要があってやっていて効果的なら良いのですが


声の演技では陣内栄おばあちゃんが特に良かった 主人公のけんじとふたりで花札をするときのやりとりのえんぎがとってもドキドキしました おばあちゃんの過去や人となりが感じられて とても魅力的な人物なんだということが伝わってきました

そういうのが説明的でなくわかるようにしてあるのがいい

あと 全然説教臭くないのもいいなと思いました


主人公やらが 言葉で説教されたり嫌味言われたり年長者に導かれるような話は最近見ていてとても疲れるのだ〜〜ことばでなければいいのだが…


まあそういうかんじで
バイトの後にみて、さわやかな気持ちになれる面白い映画だったので満足でした!


 

エヴァンゲリオン 破

JUGEMテーマ:映画

 
観てきました〜

とりあえず映画館がある種の人たちに埋め尽くされてごった返していました
もちろん自分も空気のように溶け込んできましたが
とりあえず人が多くてやっぱエヴァはすごいコンテンツだな〜と思いました

以下ネタばれ注意です










新キャラも出てきて全然違う映画になっていました
シナリオの相違点を書いても仕方ないとは思いますが

1 マリという今まで出なかったチルドレンが出てくる
2 トウジが死なないっていうか3号機に乗らない 乗るのはアスカ
3 レイが死なない 2番目とか3番目とか無い

そんな感じかな〜〜細かいとこでは色々もっとありますが

んで何より特筆すべきはシンジくんが超もててるし!
うじうじしてないし!



この分だとちゃんと映画として一つの作品としてゼーレとか人類補完計画とかそういうのを納得させて物語の中でのなぞ解きをしてくれるんじゃないかと思ってしまう



どこまでの映画になるのかは解らないけど私は時代のムーブメントになる必要はないかなと思うので、というかそうなったらほんとまたすごいとは思うけど、普通のアニメの映画として決着付けてほしいかなあと思います


とりあえず

脱セカイ系したなあという印象をうけました


できた!

JUGEMテーマ:日記・一般


新しいアドレスでのHPアップロードやっとできた!

でもぷららのほうのHPは消えた!何でかよくわからん。

でももうADSLモデムも切っちゃったので直しようがないので仕方ない。

とりあえず新しいアドレス貼っときます。

http://www.ab.auone-net.jp/~sabi/ 

内容は全然変わってないです。更新しないとね…

ダークナイト

JUGEMテーマ:映画


みてきたので感想をば。以下ネタばれあります。




面白かったよ!かなり良かったと思います。

バットマンはアニメから好きで、今までの映画も大体見てるけど、世界観が一新していました。一新といっても前作2005年公開の「バットマン・ビギンズ」からなんだけどね。でも今作で特に変わった!!という印象を受けました。内容がハードで全年齢で公開するにはかなりギリだと思います。でもそうなったのは主にヒース・レジャーの演技のためだ。ジョーカー怖かったよ。鬼気迫るってああいうのだね。現代につのる狂気を受信して体現してしまった感じ。あのジョーカーじゃなかったらいちテロリストの脅迫で全市民がパニックとか無理あったとおもう。カリスマであり虚構であるジョーカーをよくもああまで表現したよ。すごいよ。


バットマンって1989年のティム・バートン監督の「バットマン」「バットマン・リターンズ」その後監督が変わって「フォーエバー」「バットマン&ロビン」ってつくられたみたいだけど、舞台はゴッサム・シティという少し昔っぽい街だった。その中でバットマンが怪人(フリークス)達と戦うという割と小さく閉じた世界。グロテスクさとフェティッシュを煮込んだおとぎ話っていうていの映画だったと思う。ある種の「甘さ」があって私はそういうのも好きだったんだけど。

「ダークナイト」はどちらかというとクライム・アクションの部類。舞台は完全に現代の大都市でスケールも広がった。ブルースの金持ち具合もまあリアル路線。表の顔を使い分けてマフィアと繋がっている外国企業に内定を入れたりしてる。前はそういうリアルなの無かった。そして「犯罪」というもの、「悪」というものを実に深く掘り下げて描いている。っていうか怖い。もうバンバン撃たれるし。血とか直接表現が無いけど殺し方とかエグイ。刺激強かった。ここまで描いちゃうんだなあと思ってうすら寒くなった。

普通の犯罪者は金や損得で話が通じるけれど、バットマンという潔癖な完全な高潔な精神が、ジョーカーを呼び寄せたのだというくだりとかが興味深かったです。この映画でジョーカーに仮託されたもの、バットマンに仮託されたものは何なのかなあとぼんやり考えて…まあ、でも9・11後のアメリカは変わったんだなとこの映画でも思った。それで、改めて「ダーク・ナイト」という題名が今のアメリカの気分なのかなあと思うとそこは共感できませんでした。

んでもバットマン・カーもバイクアクションも爆発!!も申し分なかったし、セリフの遊びも色々あったり、エンタテイメントも押さえてた。やっぱり高度に面白い映画だと思います。



ドラゴンキングダム

JUGEMテーマ:映画


すげーーーー面白かった!! 以下ネタばれあり

ジャッキー・チェンとジェット・リー夢の共演は伊達じゃなかったっす!あんまり話題になってないようなのでどうなのかな?と少し心配しながら見たんだけども、杞憂でした。

ジャッキーのカンフーアクション見れただけでも感涙もの。それがもう酔拳から蛇拳、虎爪拳と順番に出てくる。酔拳デターーーー!狭い店内での多勢無勢の乱闘デターーー!!んでジェット・リーキターーーー!とうろう拳きたー体揺れたーーー!!!

興奮して鼻血出そうでした。二人の演武はもう永遠に見ていたいわあと思わせるくらい見事でした〜いったいいくつなんだジャッキーしかし歳食ってさらにいい感じに味出てきてる。若いころよりさらにかっこ良さが増している。うへへ

ストーリーもいい意味で本当に王道で単純かつ力強くて良かったです。主人公はボストンのカンフーおたくのひ弱な高校生。うん!いい!!冒頭不良グループにいじめられている。そうこなくちゃ!んで伝説の如意棒をチャイニーズタウンの老人から渡されたことにより始まるファンタジー、夢冒険な訳です。修行は草刈から!!!やわらかく振って鋭く切れですよ!よわっちくて根性無しの主人公が成長していくんすよ…これだよ…杯は常に空にしておけ

ワイヤーやカメラワークでカンフー映画は新境地が見えてきてる気がする!でもジャッキーやリンチェイだからこその水準、この見応えだろう。マトリックスのアクションとはやっぱり違う。本物の技!!しびれます。基礎がちがう。

んで映画の終わり方も文句なくて主人公が現世に戻ってきて弱かった自分を克服するわけですよ。ちゃんとしてますよ。不良をカンフーで撃退して「もうよせ…」と悲しそうにいうんですよ、なぜなら武術は人を傷つけるためにあるのではないから!!でも相手が銃を出してきたら飛び蹴り一閃弾き落とす!カンフーによって心が成長し、強くなり、豊かになる、少年は一人でも修行を続けていく…師匠の言葉を胸に…

面白かった〜〜〜〜


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
プーペ
ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
ねずみ男の冒険
ねずみ男の冒険 (JUGEMレビュー »)
水木 しげる
水木シゲル著 ちくま文庫
自分の人生が不安でしょうがなくなったとき、自分の才能の無さや、性格や、不運やその他諸々が嫌でたまらなくなったときに読む漫画。ねずみ男のセリフはせせこましく生きる私の胸を打つ。そしてその身を挺して人生というものを教えてくれる。決して上から眺めるだけの教えではなく、俗塵にまみれた破戒僧のようだ。「この世にこれが価値だと声を大にして云うほどのものが在ろうか、すべてまやかしじゃないか!」
そうだ、生きるってのは今日ご飯が美味しいとか、夜布団の上で安らかに寝られるとか、それだけでいいのかもしれない。それ以上の幸せって別に無いのかもと、思う。人参吊り下げられた馬にならないように・・・そう思う。
recommend
蟲師 (1)  アフタヌーンKC (255)
蟲師 (1) アフタヌーンKC (255) (JUGEMレビュー »)
漆原 友紀
何より世界設定が良いのです。江戸が永遠に続いている感じか、明治と大正の間にもう一個時代がある感じ、という。
日本人の精神の故郷のような作品だと思います。自然と共存し、その中で様々な業苦や理不尽な厄災に出会いながらも、それを受け入れ生きていこうとする、一見貧しいようで、豊かな精神を持つ人々のお話。そこには人と人との共同体があり、愛とかではなく、情があります。そしてそこからはみ出してしまう特殊な能力のあるギンコという青年を中心に物語が物語られるのです。
白と黒の画面から緑の湿度と温度、草息れさえ感じられましょう。ベタ塗りのコマの中に我々の血のルーツを垣間見せます。
すばらしい!!これからもゆっくり物語をつむぎ続けて頂きたい。
recommend
あしたのジョー (16)
あしたのジョー (16) (JUGEMレビュー »)
高森 朝雄, ちば てつや
「あしたのジョー」
言わずもがなの名作
数々の名場面、名キャラ、泪橋なんてぐっとくる。丹下ダンペイのダメさ加減とか、力石の狂気じみた絶食シーンとか、カーロスの落ちぶれっぷりとか、鼻からうどんでもカワイコちゃんと結婚とか、人生人生〜
所で私が不覚にも漫画喫茶で大粒の涙を落としそうになったページは・・・力石を殺してしまって対戦相手の顔面を打てなくなって落ちぶれたジョーが、ドサ廻りの拳闘団に入り、そこの興行先の宿にて夜半にふと見つめた物干し台。

泣いた!!(いやマジで)

たったひとコマの台詞も何もないこのワンシーンに、ジョーの、いや人生の悲しさ、わびしさ、やるせなさが凝縮されております。目頭が熱くなるのを禁じえませんでした。
漫画表現の可能性に無限性を感じましたっ!!
所でジョーって童貞でしょうか?(失言)
recommend
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊 (JUGEMレビュー »)

買って観なおした。
思ってた以上に暗く重苦しい世界観。でも、公開当時はそんなこと思わなかったから、当時の時代性がこんなに暗かったんだと思った。
この先には新しいものは何も生まれない、という行き詰まり感。希望のない未来。
単純に世紀末破滅願望?
今観ると「そんな深刻にならんでも」と思う。
でも、当時<情報の海から生まれた生命体:神>との融合によって閉塞感を一気に突き破るラストには、救われた気持ちになったりした。
心が駆け上がっていく感じ。
そう思うと前半の閉塞感は必然ですか。
横スクロールじゃなくて縦スクロールの映画。
1995頃の空気をつくった作品のひとつ。
recommend
ゼルダの伝説 時のオカリナ
ゼルダの伝説 時のオカリナ (JUGEMレビュー »)

これをクリアし終わったとき、午前2時。自分の人生について、猛省。
心にぽっかりと空いた穴を抱えて身悶えした。
素晴らしいRPGは、その世界を閉じた瞬間に、「ゲームなんかやってんじゃねえ」とゲーマーを主時間世界へ突き落とす。
ああ、この感動は何も無いとこから生まれて、何も無いとこに還される。私は一体何をやっていたんだろう?
素晴らしいゲームはクリア後にそういった虚無感や喪失感を伴うものだ。ゼルダ最高!!
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM